これは自分の問題じゃない?

一見してこれは自分の問題ではないと思う事でも、サワサワと心が違和感を覚えたなら、それを自分の乗り越える課題として捉える事で、自分はもとよりその問題と深く関わる人にとっても、なんらかの良い働きかけとなり問題解決の糸口を見出せることが起きます。

「人は問題を解決したくなるようにできている」とはタオのメソッドの中で見つけた中の最も印象に残るメッセージのひとつです。

その問題をスルーしてみすみす解決へ向かう決心のチャンスを逃すのは、なにしろもったいないことです。

問題解決することが1番大切なのではなく、その問題に対峙して解決への行動を起こすと決心することこそが大切なのです。

中途半端な気分で気になるけど、そのままに放置したり、目指すところなくなんとなく動くことはむしろ必要ないのです。

そして、今できることをやる、決心したことに向かってひたすら信じてやる!

そう、今自分は決心する!

これは最近起こった自分自身の出来事です。

他人の問題、自分には関係ないくらいに考えていましたが、やはりなんとなく心がサワサワします。

自分の問題として乗り越える課題として向き合うことにしたらどうだろう?

「そうだ、決心しよう。これは自分の問題として捉え行動すると決める!」

その一歩として自分と相手の関係を思って五常カードを真剣に引いてみました。

1枚目は自分のカード、2枚目は相手のカード

相手のカードから、相手の考えていることを知ることができます。

二枚のカードは同じ土=信のカード。

相手を信じ、弱った手当の必要な相手のありのままを受け入れ、心配に思う自分のありのままをそれでいいんだよとまずは受け入れる。

今自分にできることを信じてやっていく。
そうすれば乗り越えられるんだ!

ってカードが教えてくれました!