医易同源

中医学の源は何か?

中医学の根源は易にあった!!👏

中医学の大元の理論は古代中国の自然哲学だということは、知っておりました。
(いや、もはや、今、何も知らなかったことを知ったと言っても過言ではありません。)

陰陽五行学説というやつですね!

そもそも陰陽、五行ってどこからきてるのか?

そこに今、私は少々穴🕳を掘り始め自ら穴にはまってもう後戻りできないところに来ています笑笑


医と易

これらに何の関係が?と普通に思うと思います。

しかし、ここに中医学の根源がありそうだーってことに気がつきまして。


医易同源

こんな言葉が書かれた書籍を1人読み耽ってはニンマリしている日々です。

そして、ここに至るきっかけはやはり「五常」なのでした。

私の深掘りの歴史を振り返りますと(ちょっと壮大な雰囲気で😁)

紀元前16世紀 アロマセラピストに淡い憧れを抱く

同7世紀 中医アロマの赤い本に運命的に出会う

同3世紀 中医アロマセラピストの資格を取得

同1世紀 中医アロマインストラクターの資格を取得後、中医アロマスクールを開講

紀元後1世紀 日本産精油にはまる

紀元後3世紀 日本産精油スペシャリスト資格取得後、日本産精油講座開講!

紀元後4世紀 インフルエンザで伏している最中「タオのメソッド」仲谷先生著に悪魔的に出会う

紀元後5世紀 「タオのメソッド〜五常プログラム〜」について仲谷先生に師事、五常プログラムを修了後、講師となる

現代  卍易日者を志し再び仲谷先生に師事


現在、月一来阪し、卍易基礎科、専科を受けこれから師範科へと進む。まだまだ先は長い!

私、おそらく卍易風水師となりたいみたいです。

そして、アロマと卍易がどう結びつきつくのか今は未知の状態ですが、占いアロマ師が現実の事となるのもそう先の事ではなさそうです!

今ある妄想は予約3カ月待ちの「アロマトリートメントと占いを同時に体験できる魅惑の開運アロマサロン」

言うだけはただですからね笑笑