執着と解放

卍易の学びでの気づき

執着と解放を陰と陽というカテゴライズで考える

陰はない
陽はある
という前提で

「無い」と「ある」の捉え方

無いはエネルギーの動きがないことすなわち「陰」

あるはエネルギーの動きがあることすなわち「陽」

形があってもエネルギーの動きが無ければないとなる  

形として見えなくてもエネルギーの動きがあればあるとなる

陽のあるとは振動数のことか⁉️

陰の無いとは振動数が低いということか⁉️

そうか💡

だから執着はエネルギーの動きを鈍らせるのだ
解放は自分の手元から無くなるように感じるが実はエネルギーの動きが繊細となるということ 
停滞したエネルギーが流れることなのだ。

繊細とは振動波が高いこと

あるとないという相反する関係性はお互いに依存している
相手がいるから自分の存在がある。

どちらが正しい、正しくないではない。

解放が正しい、正しくないではない。
執着もまたしかり。

解放へのパワーの根源は実は執着なのだ。

全てが止まり偏りを生じたとき力を失う

調和が全てである

横浜瀬谷区 tanpopo


卍易風水鑑定 

風水工房さち

風水ロゴデザイン 

日本産精油専門アロマサロンtanpopo

日本産精油専門アロマスクールtanpopo 

日本産精油yuica 製品販売

くらしとかおりkukuna 製品販売

 

tanpopo

Tel/FAX: (045)302-6342

施術中、講義中は電話に出ることができません。

お問い合わせはメールにてお願いいたします。

メール受付→📧

http://www.tanpopo-tcmaromaschool.com

 

 

tanpopo

Tel/Fax: (045) 302-6342

We might not be able to answer the phone during the treatment or during the lecture.

Please contact us by e-mail.

E-mail 📧 reception 

http://www.tanpopo-tcmaromaschool.com