赤い花は

あなたやあなたやあなたのどうにもならないところ。


頑固で融通がきかないところ、都合よく嘘をつくところ、人になんか頼らない可愛げのないところ。


ある時ふと気がついた。


それらは自分の中のどうにもならないエゴだったってことを。



星の王子様は一度それらから逃げ出して旅に出たのかな。


でもそれらの愛おしさに気がついて、小さな星に戻っていった。




自分の胸に手をあててそれらを慰めてみた。


一度だけじゃない、スマホを手にする代わりにね、何回も何回も。


そうしたら不思議なことが起きたよ。

今、あなたの、あなたの、あなたのどうにもならないところが愛おしく感じるんだよ。