ひとりひとりの役割

ひとはそれぞれ役割を持って生まれてきているのだと、古代の賢人は私たちに伝えています。

自分には無い役割を他人に見て羨ましいと思うことは、最も恥ずべき心の持ち方であると、かなり厳しいことも言われます。

自分にあるものを見つめ大切に育むことは、心も物質的にも豊かに生きるために必要なことですね。

また、自分の夢を子どもに託すということも、子どもにとってみたら、迷惑な話ですね。

あくまでも子どもは自分とは違う役割を持って生まれてきている存在だと自覚することで、親の執着から放たれた子どもは自由に自分の人生をいきいきと謳歌していくのだと思います。
それは親の知るところの範囲をどんどんと超えていきます。
ただ、結果的に子どもが選んで親の夢を継ぐということは往々にしてあることですね。

人は人生において沢山の試練にぶつかりますが、その試練に当たることでさえも、大切な役割なのだと認識することで、人間としての成長ははるかにスピード感を持って進んでいくのだと思います。

自分の役割をしっかりと見つめ認識することは五常でいうと「義」の心のあり方のあるべき姿、「義」の調和のとれた状態です。

それに続く心のあり方は役割を認識してそれを表現していくこと、行動にうつすと続いていきます。