山形の自然林に自生するクロモジを訪ねて


先週の土日はkukunaの髙橋久美子さんのご縁で自然林に自生するクロモジを求めて山形県へ行って参りました🌳

山形県に訪れるのは今回が初めてで、東北方面に新幹線に乗って行くのも20年以上ぶりかな。

東京駅というと広くて人はたくさんいてごちゃごちゃしていて絶対迷う(T_T)という固定観念がわたしを縛って離しません。

という訳で髙橋久美子さんと東戸塚で待ち合わせてご一緒させていただくことに!

パパさんに東戸塚まで送ってもらい一安心です。

そんなこんなで無事東京駅で参加される皆さんとも合流し一路山形へ🏃‍♀️

新幹線に乗り込むとすっかりうん十年振りの修学旅行生に戻ったかのようにウキウキワクワクです。

ふと隣を見ると、中高年のカップル、男性は缶ビール500mlを立て続けに3缶飲み干しておったのには、驚きました。まったく酔った様子もなく。

そんなことはさておき、今回の旅の目的は「山形クロモジを楽しむ旅」。

1日目は宿泊地柳川温泉で温泉に浸かり、夜中に満天の星空を楽しみました🌌

翌日はいよいよ自然林に自生するクロモジやタムシバを求めて大頭森山に向かいました。

ネイチャーガイドさんについてゆっくりと歩いていきます。

ところで今回の旅のすべての手配をしてくれた庄司林業の庄司さんについてご紹介します。

以前kukunaの髙橋久美子さんのスクールで日本産精油yuicaインタープリターの講座を受けられたのだそうです。そして現在は山形県で林業のかたわら精油の蒸留、販売をされているのですね。

こんな自然豊かな環境で育ったクロモジを自然の湧き水を使って蒸留したアロマとはどんなものなのか?
今回蒸留所でのクロモジの精油の蒸留の様子を見ることができました。庄司さんありがとうございました。

クロモジの枝葉を細かく裁断してチップ状にしてから蒸留釜に入れて水蒸気で蒸留します。

(そのチップの余りを袋いっぱいに詰めてお土産にいただくことができました😊)

なんとも言えない良い香りが漂ってきました。

クロモジはやっぱりいいなぁ〜としみじみ感じましたよ。

そして日本の森を大切にずっと未来永劫残していかないといけないなぁと改めて感じました。(わたしひとりちっぽけな存在がなにができるのか?)


私は横浜に暮らしていますが、たまに山や森の自然豊かな環境に行くことを楽しみにしています。

そして毎日、田舎暮らしはできないなぁ、何にもないもん、飽きるよなぁと思っていました。

でも、今回山形に来てみて「ん?何にもない?飽きる?もしかして、そうじゃないかもしれない。」

自然ほど変化に富んでいて飽きさせないものはない、多種多様な動植物が暮らす森は日々色々なドラマを見せてくれるんだろうな。飽きるわけないわ。

と、うっすら想像できました。
山の冬の厳しさ、自然の厳しさも知らない都会暮らしの人間がなにをいうかという感じですが、しかし今までの固定観念が揺らいだ瞬間でした。

日本の森の樹木のアロマ大切にしたいですね。

アロマはすごいですよ。
そのすごさを実感するにはやはりそのものが生息する場所へ行くことですね。


ご一緒させていただいた皆さま楽しかったです。
ありがとうございました😊



tanpopoホームページはこちら→