19日 9月 2019
人はそれぞれ生活の中で多かれ少なかれ直感というものを働かせていると思います。 主婦であれば今日の夕飯のおかずを買いにどこへ行こう。いつものマルエツがいいか?いや今日はなんとなくイオンに行ってみたいな!とか。 梨を買いに来たけれどなんとなくぶどうが良さそうだからこっちにしよう!とか。...
18日 9月 2019
昨日、いつも鎌倉の癒しのイベントでお世話になっているfucoさんのシンギングボウル音浴会に参加させてもらったのです! 少人数(今回は5人)での贅沢な音浴会で、fucoさんの自宅サロンのステキな空間での体験でした。 おもいおもいの体勢で(だいたいが仰向けで横になっています)ゆったりと瞑想をしながらシンギングボウルが奏でられている♪...
04日 9月 2019
受験生を持つ親は子どもの行く末を案じて自分のこと以上にそわそわと落ち着かないものですね。 そして、親は必要以上にストレスを感じ、そのストレスを子どもに向けてしまう。 私は中3の受験で公立高校を志望していましたが、 受験は失敗し、併願の私立高校へ進学しました。...
04日 9月 2019
心が狂わされる時はどんな時だろう。 嫉妬、侮辱、孤立感 暗く、重たい、陰が極まった状態でしょうか。 興奮、優越感、特別感 明るく、高揚した陽が高まった状態でしょうか。 どちらも心が狂わされています。 人は他を見て自分との分離を強く感じた時、心が狂わされるのでしょう。 私はいままでずっと、人とは違う、特別な存在でありたいと思い続けてきました。...
03日 9月 2019
7月に五常の師匠の風水師仲谷先生のところで、私のサロンの風水鑑定をしてもらいまして、風水のアイテムも教えていただいて、少しずつ揃えています。 そのうちのひとつ、焼き物のツボを探していました。 ツボなど、購入したことが無かったのでどこで買えばいいのやら…と思っていました。 まあ、そのうちぽんといいものが見つかるでしょう!...
22日 8月 2019
外に答えを探し続け、あれこれ奔走してそれでもまだ外を見つめ、やがて気がつく。 答えは常に自分の中にあることを。 そこに気がついた時、ようやくタオが始まる。 「本能」?そいつの意味なら知ってるね。 好奇心「なぜ鳥は冬のあいだ南の方へ飛んでいくのですか?」 科学 「本能です。」 つまり、「わかりません」ってこと。...
20日 8月 2019
今年のお盆休みはほぼ毎日家で過ごしておりました。 息子が受験生で夏期講習やら塾の宿題やら忙しい日々でしたので、今年の夏は旅行もなく、ただひたすら家の片付けやらお掃除やらに勤しんでいましたよ。 おかげでとっても居心地の良い家づくりができちゃいました。(自画自賛) 娘の部屋のお片づけも手伝ったりして、大量の不用品を処分しました。...
06日 8月 2019
娘も息子も、この八月で20歳と15歳。 手がかからなくなってはいるものの、それでもやはり日々色々あります。 夏休みになって、大学生の娘は深夜までリビングでゲーム、それに乗じて息子も競ってゲーム。...
05日 8月 2019
暑さを暑い暑いと言ってしまえばさらに暑さは増幅するとは世の常ですね。 しかし、この暑さのおかげでたまにそよそよと吹く風がなんとも心地よく感じます。 心地よい風をさらに気持ち良さを増幅させようと思い、しまいこんでいた風鈴を取り出し、ベランダの竿にぶら下げてみました。 そよそよといい風が吹いています。 そよそよ そよそよ しーーーーーーん・ ・...
22日 7月 2019
「タオと共にいる」仲谷一祐著から抜粋 優れた者の秘訣 戦略に優れたものは、荒っぽいことはしない。 戦いに優れたものは、怒らない。 勝つことに優れた者は相手の策略に乗らない。 人を扱うことに優れた者は、常にへりくだっている。 これらのことを「争わぬ品格」といい、「大きな器」といって、古くから世の中を極めるための秘訣とされている。 引用ここまで...

さらに表示する