母、おいてけぼり問題

心の成長において、様々な立場で様々な問題が起きている。

これは、心の成長のチャンスであるので、悲観的になる必要は全くない。

むしろ、飛躍の契機であるので、ぜひ見過ごすことなく、向き合いたいもの。

その中でも、よくある親子の関係性について。

母、おいてけぼり問題…について

母と子の関係は子が成長するにつれ、母が子の成長に追いつけず、心配ごとが嵩んで母ばかりが右往左往して、疲弊することが往々にしてある。

このことを表す関係が、まさにこれ↓

【信生義】

信は義を生む

信はこの場合、母。
義は相手で、子。

自分(信)が相手(義)に対して生じる関係

自分が相手に対してやりすぎるため、消耗し続け、相手は何もしなくてもいい状態。関係性は一方通行。改善の余地あり。

そんな時はこんなことが起きている・・・ 

自分の思いが強すぎる

思い込みの罠にはまっている

自分の思いに反する相手は許せないが我慢している

改善の鍵は相手(子)に役割を持たせること。

それは、同時に相手(子)を信じることにつながる。

信じることなくして、相手(子)に役を任せることはできない。

写真左の「信」のメッセージの言葉はまず問題解決の基礎となる心のあり方、このことをダイレクトに伝えているように思える。

では我慢することなく受容するにはどうすればいいか?

【改善の答え】

最初のステップ:相手の言動が受け入れ難いと思っている【自分】をまずはありのまま受け入れるところから。

なんて簡単!

次のステップ:ありのままの今の自分を受け入れたら、それを許す。
自分で自分を許す。
許すことは手放すこと。
成長の兆しを見せている子への執着を手放すことができるまでの必要な過程。

これは心配なのに見て見ぬふりして、失敗したら子にキレる状態とは真逆の心の成長。

最後のステップ:自分が子に対して許せないことは、自分の心のこだわりや執着を子という鏡に写して見ていたことに気がついた自分がいるならば、あとは自然とうまくいく。おいていかれることなく、流れに乗っていく。

横浜瀬谷区 tanpopo


卍易風水鑑定 

風水工房さち

風水ロゴデザイン 

日本産精油専門アロマサロンtanpopo

日本産精油専門アロマスクールtanpopo 

日本産精油yuica 製品販売


 

tanpopo

施術中、講義中は電話に出ることができません。

お問い合わせはメールにてお願いいたします。

メール受付→📧

http://www.tanpopo-tcmaromaschool.com

 

 

tanpopo

We might not be able to answer the phone during the treatment or during the lecture.

Please contact us by e-mail.

E-mail 📧 reception 

http://www.tanpopo-tcmaromaschool.com